こなろぐ〜旭山コナールのお知らせ〜

ゆっちゃんのカメラ日記 Vol.9 「もふもふフォト散歩 in 冬の旭山動物園」その1

「第2回もふもふフォト散歩in冬の旭山動物園」を22日に実施しました!

めでたく?第2回を実施することができたのですけれど,正直に言うと天気が悪いとカメラを出すのも非常に厳しいものですから,「冬ってどうなるの??」という不安が常にあったわけです。さらに,不安を掻き立てるのは,私がいつも使っている「ライフレンジャー」というマイナー天気予報アプリが,週間天気予報で「-20℃だってよ!」と伝えてくるわけです。日が近づくにつれ,「やっぱり-21℃」,「おめでとう!-22℃で,そして,曇り!終わったね!」みたいな,最悪な天気予報を3日前くらいに突き付けられて,「詰んだー!」と思っていました。

で,ここまで話はどうでもよくて,当日は,最低-12℃,イベント中は-7℃くらいでした。雪も降らず,カメラは出しやすい状況でしたね。良かった,良かった!

今回のフォト散歩には,市内だけでなく,札幌方面や富良野方面からもご参加いただきました!旭山動物園を訪れる機会に,こちらのイベントを選んでくださったのはうれしい限りです!

さて,イベントのスタートは,今回も西門から!開門とともに「あざらし館」へ駆け足! 朝イチ,開門してまずどの動物のところへ向かうかが,大事な選択です。

参加者のAさんのモニターに注目!これは!良い写真がばっちり撮れたのでは???

でも,私と言ったら,はいコレ~!ピントも合っていないですし~!原因は,わかっているのです,最近は,檻の向こうの動物に特化した望遠レンズを使っていますので,壁まで離れても,チューブの中を捉えるのはいつも厳しいですね~!室内や近い動物の写真は,スマホの方が良く撮れます。

 

さて,オオカミの遠吠えを見に移動です!

「オオカミの森」に到着してすぐに,園内放送に合わせて,遠吠えを始めました!

さて,ここでは檻消しテクニック。檻を消すには,できるだけカメラを檻に近づけて,できるだけ遠くにいる動物を狙え!です。

上に乗っかられて,ちょっとケンカ中です。動物が近いと,檻はこの程度は,写ってしまいます。

雪より白いシロフクロウ。フクロウは,首がくるっと回って後ろも見えるのですが,だいたい270°回るらしいですよ。

さて,お次は,ヒグマのとんこ。開園してすぐなのに,なんだか眠そう。澤野さんが呼んでも,目で追いかけてはいるものの座ったまま動かず。ぼーっとしていて,いつものとんこではありません。後で聞いたのですが,前日に寝室に戻らなかったため,外で一晩すごしていたとのこと…。どうりで,お疲れのご様子!

檻の高いところからするすると下りてきたアムールヒョウ。動きのある動物を見るのは楽しいですよね。

えさのヒヨコを遠くから眺め,食べようか思案中のマヌルネコ。警戒心が強いんですって!早くお食べ~!

タンチョウ舎の辺りから,木の向こうにエゾシカ。澤野さんが撮りだしたので,真似して撮ってみました。小枝にピントが合ってしまい,エゾシカにピントを合わせられません!これはかなり,特訓した方がいいですね。

さて,次は「北海道産動物舎」へ。ここでは,大きなワシミミズクやオオワシなどが間近で見られます!

目の前にオオワシ!!!伝わるかわからないですが,2歳児くらいの大きさがあるのではないでしょうか?羽を広げると2mくらい?とてつもなく大きい鳥で,すぐ目の前で飛んでくれますので,なかなかの迫力です!

さて,こちらは,エゾタヌキの巣穴。ふたを開けると,なかで丸くなっているのが見られます。でも,くっさ~!笑

他にも,キタキツネや真っ白なエゾユキウサギ等がみられます!

網しか映っていませんね!さすがに,この網の細かさでは,奥を抜けません。ちなみに,エゾユキウサギの檻の外側にもウサギのフンがけっこう落ちているんですが,これは,野生のウサギが逢いに来ているという噂です!

その2に続きます!

HanasakuPasss 好評販売中!

「Hanasaku Pass」はカフェのアルコールを除く全てのドリンクメニューを30日 1,000円、ジェラートとドリンクを30日 3,000円で期間中なら1日2来店まで毎日でもご利用いただけるいわゆるサブスクリプションサービスです。お仕事の休憩時間に立ち寄るもよし、ドリンクをテイクアウトでお持ちになるもよし!写真を撮りに動物園に来たらCafeで暖かい飲み物で暖まっていってくださいね!

「Hanasaku Pass」の詳細はこちらのページからどうぞ!