こなろぐ〜旭山コナールのお知らせ〜

ゆっちゃんのカメラ日記 vol.10 Let's ペンギン撮り放題!

今週火曜日(2月25日)の旭山動物園にフォト散歩に出かけた時の様子です。
北海道におけるコロナウイルスの状況は日に日に変化し,この6日の内に,道内の小中学校1週間休校から一転,全国一斉小中高校春休みまで休校に,道では緊急事態宣言という事態に見舞われてしまいました。一気に高まる自粛ムード!パンデミックは何としても回避しなければなりません。
とは言え,大勢で集まってハイタッチをしたり,その辺の手すりを舐めたりするのはどうぞ自粛していただいた方が良いかと思うのですが,(え,そんなことしてない?),さっと行って,ぱっとできるような消費活動については,このような時だからこそ,むしろ積極的にお願いしたいところです。「この棚全部ください。袋はいりません。」(Youは石油王?&エコ!)と言ってくれてもいいんですよ~!石油王の皆様,kusa-iroへのご来店をお待ちしております。
冗談といえば冗談ですけど。
厳しいときはお互いに支え合いましょう!地元の産業の応援を心からお願いします!ハナサクカフェへの応援は,予約&テイクアウトでお願いします!

さて,「#コロナに負けるな」ということで,今日も営業している旭山動物園の応援をしますね!

旭山動物園はコロナウイルス予防対策を十分にとりながら営業を続けています。写真は25日1130分過ぎ,「ペンギンの散歩」真っ最中ですが,お散歩ルートの人影はまばら。通常なら,考えられないことです。実は私,お散歩中とは気づかずうっかり通り過ぎるところでした!どうやら,ペンギンに合わせて人が移動でできるくらいの状況だったようです。ということで,「ペンギン撮り放題イベント発生中!!」

ラブリー!!ちなみに,先頭のジェンツーペンギン3羽の大ファンです!とにかく,かわいい!

続いて,キングペンギン。先頭に毛皮をまとったボス感が強いのがいますが,大きいけど赤ちゃんです。

私の推し,ジェンツ―ペンギン3兄弟を追いかけ,2度,3度と場所を変えて撮ることができます。(兄弟かどうかは知りません。)

溝をよく見る。深さと幅の確認。一歩の幅を決め,よいしょ。慎重すぎて,めちゃめちゃかわいい!!ちなみに,先に行った2羽は,ぴょんと飛び越えていましたけどね。「またぐんかーい!」と思わず独り言。はい,怪しい者です。

再びキングペンギンの集団のところへ。ゴットファーザーのテーマでも流しておきましょうか。

 

さて,人が少なくじっくり写真を撮りやすいので,もう少しフォト散歩!

遠吠えしていないシンリンオオカミ。ぽかぽか陽気が気持ちよかったのか,ぐっすり寝ています。のどか~。

キタキツネは,元気に動き回っています。なかなかフレームに捉えるのが難しい。やみくもに撮った一枚。

青空にニホンザル。冬だからでしょうか,少し青が薄いですね。季節によって,空の色が違うんだなー。

猿山にしては珍しく,とっても穏やかな時間が流れています。人が少ないせいで動物たちはリラックスしているのかも?

プールで遊びに夢中なホッキョクグマ。犬かき?で水中でも自由に泳ぎます。ガラスのそばまで来ると,水中で揺れる毛並みまでしっかり見えますよ。なかなかの大迫力です!ちなみに,ホキョクグマ館の入り口自動ドアは常に開放され,換気に気を使っている様子でした。

あざらし館。12時過ぎ。いつもなら人がピークの時間帯でも,水槽前はゆったり見ることができます。水中に差し込む光がきれいです。

お気に入りの隅っこでにんまり!仲良く,2匹でくるくる回りながら泳いでいます。アザラシのチューブも好きな角度から撮り放題でした。ちなみに,私にしては珍しくピントが合っていると思いませんか???12-32のレンズで撮っています。ゆったり撮れそうなので,レンズを付け替えました。圧倒的な撮りやすさ!当たり前ですけどね。

 

というわけで,コロナウイルスの影響は切ない部分も多いですが,旭山の真昼間にこんなにゆったり動物を見られるという小さな奇跡が生まれていました。もちろん,「コロナウイルスに伝染らない,伝染さない」が大原則ですので,今は,不要不急の外出を避けるべきですね。パンデミックをうまく回避でき,状況が落着いてきたら,旭山動物園に行ってみてくださいね!今はとにかく,一刻も早い収束と,皆様の健康を心よりお祈りいたします!