こなろぐ〜旭山コナールのお知らせ〜

コナールスタッフ研修 その2前編

 先週末は春らしい暖かい気温に恵まれましたが、昨日はまたまた肌寒い雨の1日でした。コナールのクローズも8日目、ガーデンの工事も着々と進む中、スタッフ研修の第2弾を実施。

 午前中はエディブルフラワーを仕入れさせていただいているはせがわファームさんを訪問。エディブルフラワーとは食べられる花、食用花のことで、ハナサクカフェではソフトクリームのワンポイントに、ハナサクトーストの彩りに利用しています。(もう食べていただきました??)はせがわファームさんでは、そのエディブルフラワーを3シーズン前から栽培し、旭川や道内はもとより内地のレストランにも納入されているそうです。

【今後の営業予定】
 
 4月8日(月)〜19日(金)まで休業
 4月20日(土)より夏季営業
 平日 10:00〜18:00 金・土 10:00〜21:00
 旭山夜桜まつり開催期間5月3日〜8日は21:00まで!
 ※4月20日よりアオゾラガーデン(一部)と1階テラス席、屋上テラス席をオープン!

 外は肌寒い気温にもかかわらずハウスの中は暖か、ちょっと陽が射すとすぐに暑いくらいです。一通り農場を案内してもらい、エディブルフラワーの説明をお聞きしたあと、実際に育苗用のポットに種を蒔く作業、フラワーポットへの植え替えの作業を体験させていただきました。花の種といえば、小学校の頃に朝顔とひまわりの種くらいしか見たことのない自分にとってはもう衝撃的な小ささです。間違ってもくしゃみなんかしちゃいけません!!はせがわさんもお話してましたが、まさに「けしつぶ」って文字どおりの小ささなのです。その小さな種を一粒ずつピンセットでつまんで育苗用のポットに播いて行きます。種を播いた育苗用ポットを水をはったバットにうつして完了。すべてが発芽するわけではないとのことですが、早いもので5日から一週間程度で発芽するそうです。ある程度の大きさになれば大きめのフラワーポットに移し替え、品種にもよりますが、収穫まで2ヶ月程度かかるとのことです。

 カフェでは先にも書いた通り、ソフトクリームのワンポイントとして利用させていただいておりますが、ソフトの一緒に食べると花そのものの味を今まで感じることはなかったのですが、実際に花(管理人が試食したのはナスタチウム)だけを試食させていただくと、びっくりするくらいに味が!!甘い香りとちょっと辛みのあってとっても美味しかったです。「花を食べる」ってあんまり意識したことなかったので、これまで気にしてませんでしたが、ハナサクカフェ以外の旭川の管理人がよく行くお店にもお花を納品されているそうで、次に行ったときはお花に注目してみたいと思います。

タケダもぎこちない手つきでひと粒ずつ種を播いていきます。
あけちゃんは慌てず、騒がず、安定して正確な作業。
ゆっちゃんはきれいにフラワーポットを移し替え。
管理人は試食。
最後の一緒に記念撮影。お忙しいところをありがとうございました。