こなろぐ〜旭山コナールのお知らせ〜

メディアあさひかわ2019年1月号掲載記事について

 メディアあさひかわ2019年1月号に「旭山動物園前に旭川初のコンテナショッピングモール」と題して、旭山コナールについての記事を掲載いただきました。当施設に注目いただき、記事掲載をいただきましたことに心より感謝申し上げます。
 しかしながら、掲載記事は当社代表武田への取材に基づいて書かれているように表現されておりますが、実際には取材のご依頼が施設開業前の非常に多忙な時期だったため、武田は取材に対応しておりません。メディアあさひかわご担当記者さまには、きちんと武田からお断りの旨、返信できておらず大変申し訳ございませんでした。

 他報道機関各社さまより同様に取材申し込みをいただいておりましたが、開業前の時間的な都合、さらには運営体制がまだ未熟であること、2019年4月以降のショップ店舗の開業とテナントモールの展開を含めた形で、2019年3月下旬をめどに報道発表させていただきたいと考えていたため、開業前の取材対応はすべてお断りさせていただいており、他報道機関の皆さまにおかれましては誤解なきようお願い申し上げます。

 また上記理由により、記事文中にいくつか正確ではない、誤解を招く内容がございましたので、こちらにて追加説明及び訂正をさせていただきます。
 まず、コンテナ建築は基礎工事を必要としないという表現があり、当施設についても基礎工事がおこなわれていないような印象を受ける場合もあるかと思われますが、当施設については布基礎コンクリートによる基礎構造物を有し、都市計画法に基づく開発許可、建築基準法に基づく建築確認済み施設となっておりますので、念の為お知らせ致します。
 また、忽布古丹醸造さまのクラフトビールは旭川市内で当施設のみの取扱と表現されておりますが、市内においてはクラフトビールの先駆的ビアレストランにして私たちも愛してやまないMORROW'S Beer&Steakさまも忽布古丹ビールの常設店となっております。Morrow’sさまには大変失礼なことを武田が申し上げているようになっておりますが、こちらは武田の発言ではございませんので、合わせてご理解いただけますようにお願い申し上げます。

 最後になりますが、一時期より来場者数が減少しているとはいえ、旭山動物園という旭川大雪地域において大きな集客力をもつ施設近くにて事業を展開させていただくことは、旭山動物園さまはもとより、周辺事業者、観光関連業者さまにも大きな影響があるものと考えております。私どもと致しましては、Webサイト等を通じ事業内容、計画についての透明性を図り、今後に渡り皆さまと協力させていただきながら、この地を訪れるすべての皆さまの利便向上と感動体験の提供に尽力し、旭山エリアのさらなる賑わいの創出に寄与することができれば幸いです。
 引き続き皆さまのご支援を賜りますよう深くお願い申し上げます。